基礎から学ぶ遺言相続講座(遺言18)

法務局で保管する自筆証書遺言の特色は?

 法務局での自筆証書遺言の保管制度が、2020年7月10日から始まりましたが、特色としては次のような事項があります。

1 保管申請手続きは、本人が法務局に直接出頭して行います。事前の予約が必要です。

2 法務局では、遺言書の形式面のチェックのみを行い、内容面のチェックはしません。また、法務局では、作成内容の相談もしていません。

3 保管期間は、死亡日から50年間、画像データは死亡日から150年間となります。

4 遺言者が死亡したときは、指定した者に対して、遺言者が死亡した旨と法務局保管の遺言書がある旨のお知らせが通知されます。

5 全国どこの法務局でも自筆証書遺言の検索が可能になります。

6 死亡後は、相続人が「遺言書情報証明書」の交付請求が可能です。

7 家庭裁判所の検認が不要なので、すぐに遺言を執行できます。

 このように非常に便利な制度となっています。唯一の問題は、自筆証書遺言は、遺言者自身が自分で内容を作成する必要があることです。この点は、自分で作成することに自信がない方は、専門家のサポートを受けて作成することが望ましいと考えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。