遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(相続17)

名義預金とは?  名義預金とは、預貯金について、預金名義人と真実の所有者とが違うケースにおいて、真実の所有者に帰属する預金のことをいいます。  このような名義預金の判断基準については、①預貯金の預け入れの原資の出えん者は […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(相続16)

債務はどのように承継されますか、また、遺産分割で特定の相続人に債務を承継させることができますか?  共同相続人が、単純承認をした場合には、債務は法定相続分に応じて当然に分割されて承継されます。例えば、共同相続人が子供2人 […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(遺言16)

予備的遺言とは?  遺言者(夫)が、例えば、相続人が妻、長男、二男の3人であった場合に、「長男に全財産を相続させる。」旨の遺言書を作成したときに、仮に、遺言者よりも先に長男が死亡してしまったケースでは、遺言の効力はどうな […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(遺言15)

遺言執行者を定めた場合と定めなかった場合の違いは? 1 遺言執行者を定めていない場合  遺言書で遺言執行者を定めていない(又は定めていた遺言執行者が亡くなった)場合は、利害関係人の請求により、家庭裁判所が選任することにな […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(遺言14)

遺言執行者とは?  遺言執行者とは、遺言内容を実現する人になります。具体的には、遺言書の検認請求、相続人の調査、相続財産の調査、財産目録の調製、遺産分割までの財産の保全・管理、その他遺言の執行に必要な一切の行為を行います […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(遺言13)

付言事項とは?  付言事項とは、これまでの家族に対する感謝の気持ちや、兄弟姉妹には仲良くしてほしいといった思い、あるいは、遺産分けの理由、葬式の方法、死後の検体などについて記載するものになります。相続人に対するメッセージ […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(相続15)

相続税が非課税となる財産(非課税財産)とは?  相続税法では、相続又は遺贈によって取得した財産であっても、①当該財産の固有の性質、②国民感情への配慮、③残された相続人の相続開始後の生活保障の見地、④公共性又は社会政策的見 […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続(相続14)

相続税が課税される財産とは?  民法でいう相続財産とは、被相続人に帰属していた一切の権利義務のうち、相続人又は受遺者が「相続又は遺贈により取得した財産」をいいました(「本来の相続財産」といいます。民法第896条参照)。も […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(相続13)

法定相続分で完全に平等に分けるってどういうこと? 一口に法定相続分で平等に遺産を分けるといっても、その意味するところは簡単ではありません。 正しく法定相続分でわけるということになると、民法の規定(特別受益者に関する第90 […]

続きを読む
遺言相続
基礎から学ぶ遺言相続講座(相続12)

特別寄与料とは?  特別寄与料とは、2018年(令和元年)7月1日施行の民法相続法の改正によりできた制度です。  被相続人に対して、無償で療養看護その他の労務を提供したことにより、被相続人の財産の維持又は増加につき特別の […]

続きを読む