基礎から学ぶ遺言相続(相続26)

遺産分割は何が原因でもめるのでしょうか?

 遺産分割がもめる原因には、様々な原因がありますが、例えば次のようなことが原因として挙げられます。逆にいうと、こういった条件にあてはまる場合には、予めもめないような対策を立てておくことが大切です。

① 遺産のすべてが明らかになっていない(遺産を事実上管理している者がすべての財産を開示しない、あるいは、事実上生前から財産を管理している者が使い込みをしているがその金額を明らかにしない。)。

② 財産(特に不動産)の評価をいくらと評価してみるか(不動産の評価指標には、公示価格、標準価格、相続税評価額(路線価又は倍率)、固定資産税評価額などいろいろとあるので、どの評価指標に使うかで、有利不利が分かれる。)。

③ 遺産として自宅と預貯金しかないケースで、同居していた者が自宅を相続する(平等に分けるとなると、自宅を売却するしかないが、売却すると住む家がなくなる。)。

④ 遺産の大半が事業用資産であるが、事業を承継する相続人がそれを相続する(平等に分けるとなると、事業用資産を売却するしかないが、そうすると事業が成り立たなくなる。)。

⑤ 相続人の中で多額の生前贈与を受けた者がいるが、それを言わない。あるいは、その持ち戻して計算する生前贈与の金額の評価について争いがある。

⑥ 親を介護したなど寄与分の有無及びその評価額について、相続人間で争いがある。

⑦ 不動産は要らないが、現金預金はほしいという相続人が多くいて競合する。 

 これらを未然に防止するには、生前贈与を活用するとか、遺産に関する情報を開示するとか、遺言書を作成しておくといった手当が考えられます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。