基礎から学ぶ遺言相続講座(遺言4)

遺言書を作成するメリットとは?

 遺言書とは、生涯をかけて築きかつ守ってきた大切な財産を、最も有効・有意義に活用してもらうための被相続人の意思表示です。

 遺言書を書くことによるメリットには、3点あります。

 まず、遺言書を作成することにより、被相続人の生前の意思(希望)が叶います。

 また、遺言書があることで、将来の争族争いを未然に防止することができます。

 そして、遺言書があることによって、相続手続がスムーズにいきます。

 1つ目の生前の意思(希望)が叶うとは、例えば、おひとり様であれば、お世話になった人に遺産をあげたり、ペットの世話を託す人に遺産をあげることができます。あるいは、事業を特定の相続人(後継ぎ)に承継させることができます。さらに、相続権のない、孫や子の嫁や内縁の妻に遺産をあげることができます。

 2つ目の将来の争族争いを未然に防止するとは、遺言書がなくて遺産分割協議が円滑にまとまらず、争族になってしまうと、遺産分割調停・審判で解決することになり、時間(解決まで1年から2年)と費用(弁護士費用も数十万円)がかなりかかります。遺言書があれば、例え一部しかもらわない相続人も納得して相続することになるでしょう。

 3つ目の相続手続がスムーズにいくとは、遺言書(特に家庭裁判所の検認が不要な公正証書遺言や法務局保管男自筆証書遺言)があれば、直ちに預金の払戻や不動産の相続登記ができますので、当面の葬式代や医療費、生活費の支払にも支障が生じません。

 遺言書がなければ、相続人間での話合いによる遺産分割協議によることになりますので、簡単にまとまる保障はありません。このように、遺言書には、様々なメリットがあるので、ぜひとも準備しておきたいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。